ハウスクリーニング・リフォーム・解体・空家整理について

古家 家 古い 倒壊 無人

人が亡くなられたとき、残されたご家族は深い悲しみの中でも、埋葬許可申請・葬儀の手配、公的書類の手続きや生命保険・各種名義変更・相続など様々な手続きを行っていかなければなりません。

高齢化社会・核家族化が進み、共働きもしている家庭も少なからずありません。

悲しいけれど、しなければいけない事は沢山・・

遠方に住む家族のご不幸であれば尚更時間は限られます。

また、核家族化が進む現代、高齢者施設を終の住処にと選ばれる方も少なくありません。

その場合 今までお1人で住まわれていた場合は、そのご自宅が放置状態となり、人の住まわない家の傷みは早く進むようになります。

また、同居や入居や入院をされても元気なうちは戻ってきて必要な物を持って行ったりも可能ですが、いつどんな時に動けなくなるかは誰も予測出来ません。

空き家 危険 悪臭 害虫

皆様は2015年、放置された空き家について新しい法律ができているのをご存知でしょうか?

空き家が増えると、地域社会には大きな問題が出てきます。誰も住んでいない家は次第に荒れて景観が悪くなるだけでなく、 ゴミが不法投棄されたり、放火や不法侵入などの犯罪が起こったり、あるいは大きな地震が発生したとき倒壊し、道を防いだり人にケガをさせる恐れあります。これは地域にとって非常にマイナスです。

そこで国もこの「空き家問題」に危機感を募らせ、対策に乗り出すべく2015年に「空き家等対策の推進に関する特別措置法」、略して「空き家対策(特別措置)法」が制定されているのです。

 

頭も体も元気なうちに、ご自身の意思で終活として今まで長らく住んできた自宅のハウスクリーニングやリフォーム、もしくは解体処分をしておくことをお勧め致します。

「空き家対策(特別措置)法」とは?

弁護士 法律 空き家措置法

目的:適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等、住民の生活環境に深刻な影響を及ぼさないよう、命や身体、財産を守るとともに、あわせて空き家の活用を促進する

 

 【法律の大きなポイント】

・倒壊の恐れのある空き家や衛生上著しく有害となる恐れのある空き家などを、各市区町村が「特定空き家」として認定

・所有者に対して撤去や修繕の命令を行い、もし命令に従わなければ市区町村が強制的に撤去

・かかった費用を所有者に請求することができる

空き家 古い 古家 倒壊 危険

【特定空き家の認定基準】

・ 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
・ 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
・ 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
・ その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 

  現時点では該当しなくても放置される事で

「特定空き家」と認定される可能性があります。

空き家 デメリット 不衛生 治安悪化

【認定された場合のデメリット】

・最悪の場合は市区町村によって建物を取り壊され、その費用を請求されるおそれがあります。

・特定空き家に認定された建物については、固定資産税と都市計画税の「住宅用地の課税標準の特例」が適用されなくなっています。

    

  ※特定空き家になると、土地の固定資産税が最大6倍になるケースもあります。

 

上記からも空家をそのままにしておく事は費用面・衛生面・安全面でもデメリットが多いと言えるでしょう。

ハウスクリーニング・リフォーム・解体・空家整理の依頼事例と流れ

解体 リフォーム

ハウスクリーニング・リフォーム・解体・空家整理の依頼事例

・孤独死や自殺など特殊清掃に関連したハウスクリーニング・リフォーム・解体

・ゴミ屋敷の特殊清掃に関連したハウスクリーニング・リフォーム・解体 

・災害後の特殊清掃に関連したハウスクリーニング・リフォーム・解体

・施設入居や退院の目処が立たない方の自宅のハウスクリーニング・解体処分

・同居に伴う自宅のハウスクリーニング・解体処分

・行政・不動産会社様・管理会社様からのご依頼による空家整理・リフォーム・解体処分

・個人のご依頼者様による空家整理・リフォーム・解体処分

リフォーム ハウスクリーニング メリット

ハウスクリーニング・リフォーム・解体・空家整理の流れ

 

・お電話にて依頼

    ↓

・お見積り~契約(費用の半分のお支払)

    ↓

・作業内容や範囲の最終打ち合わせ

    ↓

・作業

    ↓

・作業完了・状態確認

    ↓

・残金の支払い

 

特殊清掃専門サービス福岡